医療レーザー脱毛は痛いの?

永久脱毛を受けると永久に毛が生えないのかどうか疑問に思う人も多いと思われます。

永久脱毛の施術を受ければ、その後の人生はずーっとツルッツルでいられるのかというと、絶対とは言いがたく、たまには生えてきてしまう人もあります。

最も効果が高いのはクリニックのニードル脱毛が有名ですが、それ以外の脱毛方法を実践した場合では無駄毛が再度生えてくる可能性が高いと思いましょう。

医療脱毛は安心と言う風に認識されていますが、だからといってリスクゼロではありません。

医療脱毛にもやけどや毛膿炎などを起こす危険性は否定できないのです。

医療脱毛に限らずこのようなトラブルはエステ脱毛でも発生する可能性があるものです。脱毛したいと思った場合、身近なところで可能な限り評価の良いサロンで施術をしてもらいましょう。

実際にニードルで毛穴の毛母細胞を直接破壊するのとは違って、ムダ毛を通して毛根までダメージを伝える方式なのが光脱毛です。
このメカニズムに関してはレーザー脱毛も同じ。
ただし本物の強力なレーザーを使用する効果の高いレーザー脱毛という機械は医療行為でしか扱えないとされています。脱毛コースのあるエステティックや脱毛サロンに勤めるスタッフのように、医師や看護師としての国家資格を持っていないエステティシャンには許可されていません。
エステサロンに取り入れられている業務用脱毛器は、出力の上限が法律上対応できる程の低さの力か出してはいけないと決まっているので、かなりの回数を重ねないとつるつる肌にはなりにくいことも事実なのです。

フラッシュ脱毛はメラニンに反応する性質の強い光の作用で、毛根に働きかけて脱毛を促すという方式でミュゼプラチナムや脱毛ラボなど様々なサロンで採用されています。
肌に対して一度の照射で広範囲を処理できるため、その他の脱毛方法に比べて圧倒的に時間が短縮できる分、費用を抑えられるのが大きなメリットです。
全身脱毛でも短時間で施術が可能になるわけですが、その反面同じ原理のレーザー脱毛に比べて1回ごとの照射の出力が弱い分、ムダ毛があまり抜けないという口コミもよく見かけます。

また、脱毛は色が黒くて太いムダ毛はより痛みが強い傾向にあります。
レーザーなどではメラニンに反応する特定の周波数を持つ光を照射していますので、毛が黒ければ黒いほど、太さがあればあれほどたくさんの熱を集めますので、それに比例し痛みも強く感じます。
ビキニラインの陰毛ような太い毛に照射するときに痛いという人が多いのはこのためです。

毛根までしっかりと熱が伝われば、細胞が破壊されやすいため効果が上がる分照射時の痛みが大きいのはしかたがないところ。

ただし、病院であれば別料金で麻酔クリームの塗布なども受けられますので、費用よりも期間や効果を優先したい方には医療レーザーを選択するのも良い方法だと言えます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ