脱毛サロンごとの違いはどこにある?

脱毛器のメカニズムとしてはレーザーもフラッシュも仕組みはほぼ同じような物です。
ただエスティックサロンにおいては、医療資格を持っていないスタッフが施術できるように、フラッシュなどの光脱毛器までしか扱えず、レーザー治療はできません。

法律内でできる度合いによる低い照射出力しか上げることができないサロン向け脱毛器を採用しているために処置回数を重ねる必要が生じることになります。

もともとレーザー治療を行なうための機器は、その用途によって様々使い分けられていました。
シミを消すために用いられるものもあれば、ニキビ肌に効果の出るもの、肌の真皮層に作用させるものなどなど、クリニックで患者さんの症状を見極めて使用するのです。

脱毛用にレーザーが開発されだした当時はルビーレーザーが始まりだったようですが、どちらかといえば、白人向けで日本人の肌色には不向きな仕様でした。実際に火傷などの事故も起きていたと聞きます。
いまではダイオードレーザーや、アレキサンドライトを用いたタイプが主流ですが、応用しているフラッシュでも、少しずつ方式が異なるのです。

いずれもムダ毛の細胞に含まれるメラニン色素に反応しますが、火傷しないレベルでなおかつ毛根にダメージを与えなければ意味がありません。

実際には熱エネルギーが毛を通して皮膚に伝わるのですが、その刺激は「痛み」として認識されることとなります。
フラッシュよりも出力パワーの強いレーザーが、より痛みを強く感じるのはこのためです。
そして逆に、強い刺激を受けた毛母細胞ではダメージが大きいため、毛を作り出せなくなる状態になるのも確実性が高いというわけです。
エステサロンか美容クリニックかのどちらに決めるかで、多くのことが違ってくるということを頭に入れた上で、自分にちょうどいいお店やクリニックを比較検討して、永久脱毛を目指し、美肌の敵であるむだ毛を減らしていきましょう。

効果の高さで脱毛方法を比較

毛穴から二度とムダ毛が生えないというレベルを目指すのであれば、脱毛方法はニードル式であることは間違いないでしょう。
その次にクリニックでの医療レーザー、最後がエステサロンで受けることのできるフラッシュタイプの脱毛になります。
これは言い換えれば、毛根にある毛母細胞をどの方式が一番確実に破壊できるか?ということになります。
タンパク質の熱変性を利用しているのですから、効果が高い方式ほど発生する熱も高温です。
このため、脱毛効果が高ければ高いほど、痛みの感じやすいやり方であることも考慮しなければ後悔の原因になりかねません。
もちろん個人差があることも条件の一つですから、できれば、どれも試してみて自分にあった脱毛方法を選ぶのが良いでしょう。
アンダーヘア部はムダ毛自体が太く皮膚が薄いこともあり、脱毛時の刺激に対して弱く痛みを感じることが多いです。
医療脱毛の場合、刺激がきつすぎてだめだと思っている人もいるかもしれませんが、医療脱毛の方がエステ脱毛に比較してより綺麗に脱毛の効果を実感することができるのもたしかです。
そのうえ、何かしらの肌トラブルがあっても医師が在籍しているため安心できます。
実際脱毛するのであれば、いくつかのエステでサービスを掛け持ちすることもむしろアリと考えられます。

どちらかといえば掛け持ちをした方があなたにとってお得に脱毛できるケースも多いでしょう。
もちろん掛け持ち禁止の脱毛サロンなど存在しませんから、全く気にする必要はありません。ただし、同じ部位に対てあまり日を置かず続けざまに照射を受けても効果は期待できません。
逆に肌荒れしてしまう可能性も想定できるので、スケジュール調整しながら通うことが大切です。
脱毛サロンごとに異なる料金になっているため、その価格差を巧みに利用してみてください。
脱毛サロンという言葉を聞くと勧誘がしつこい印象がありますが、最近ではどこもしつこい勧誘をしないよう指導されていますので気楽に通うことができます。もしも納得いかなければ全額返金のサービスがあるほどのサロンも増えています。
慣れてきたらいくつかのエステ店でお試しして、設定料金の安さ、効果の出やすさなど比較してみると、さらに気軽に全身脱毛を行うことが可能です。料金の支払いは月額制が可能であったり、クレジットの分割払いを利用できるなど一度にお金を支払う必要もありません。
いくつかの脱毛方法を組み合わせることの中には家庭用脱毛器も選択肢の一つとして上げられます。
自分の家で脱毛をすれば、脱毛はいつでも行えるので、手間がかかりません。
いわゆる自己処理には、剃刀を使って自分でシェービングするのが定番ですが、お肌に対して負担の少ない方法としては処理が簡単なものとして脱毛剤という手段もあります。
その他にも数多くの商品も販売されていて、その脱毛法には毛を毛根から抜いたり、溶かしたりするものもあります。
ただし、こうしたタイプはいずれも「除毛」でしかなく「脱毛」とは呼べません。それでも脱毛中にムダ毛は処理しなくてはならないので、その技術の進化の恩恵を受けることもあるでしょう。
また現在は、ご自宅で簡単にムダ毛の脱毛が出来るフラッシュ式やレーザーでの本格家庭用脱毛器も人気です。
ご家庭用にレーザーの量を配慮しているので、いつでも思い立ったときに安心して利用できるのがその魅力。
さすがに脱毛効果は医療機関より劣りますが、クリニックに通うことが難しい、予約が取れにくい、など毛周期を尊重しきれないケースなどが多い場合にはこちらが便利になりますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ