医療レーザー脱毛は痛いの?

永久脱毛を受けると永久に毛が生えないのかどうか疑問に思う人も多いと思われます。

永久脱毛の施術を受ければ、その後の人生はずーっとツルッツルでいられるのかというと、絶対とは言いがたく、たまには生えてきてしまう人もあります。

最も効果が高いのはクリニックのニードル脱毛が有名ですが、それ以外の脱毛方法を実践した場合では無駄毛が再度生えてくる可能性が高いと思いましょう。

医療脱毛は安心と言う風に認識されていますが、だからといってリスクゼロではありません。

医療脱毛にもやけどや毛膿炎などを起こす危険性は否定できないのです。

医療脱毛に限らずこのようなトラブルはエステ脱毛でも発生する可能性があるものです。脱毛したいと思った場合、身近なところで可能な限り評価の良いサロンで施術をしてもらいましょう。

実際にニードルで毛穴の毛母細胞を直接破壊するのとは違って、ムダ毛を通して毛根までダメージを伝える方式なのが光脱毛です。
このメカニズムに関してはレーザー脱毛も同じ。
ただし本物の強力なレーザーを使用する効果の高いレーザー脱毛という機械は医療行為でしか扱えないとされています。脱毛コースのあるエステティックや脱毛サロンに勤めるスタッフのように、医師や看護師としての国家資格を持っていないエステティシャンには許可されていません。
エステサロンに取り入れられている業務用脱毛器は、出力の上限が法律上対応できる程の低さの力か出してはいけないと決まっているので、かなりの回数を重ねないとつるつる肌にはなりにくいことも事実なのです。

フラッシュ脱毛はメラニンに反応する性質の強い光の作用で、毛根に働きかけて脱毛を促すという方式でミュゼプラチナムや脱毛ラボなど様々なサロンで採用されています。
肌に対して一度の照射で広範囲を処理できるため、その他の脱毛方法に比べて圧倒的に時間が短縮できる分、費用を抑えられるのが大きなメリットです。
全身脱毛でも短時間で施術が可能になるわけですが、その反面同じ原理のレーザー脱毛に比べて1回ごとの照射の出力が弱い分、ムダ毛があまり抜けないという口コミもよく見かけます。

また、脱毛は色が黒くて太いムダ毛はより痛みが強い傾向にあります。
レーザーなどではメラニンに反応する特定の周波数を持つ光を照射していますので、毛が黒ければ黒いほど、太さがあればあれほどたくさんの熱を集めますので、それに比例し痛みも強く感じます。
ビキニラインの陰毛ような太い毛に照射するときに痛いという人が多いのはこのためです。

毛根までしっかりと熱が伝われば、細胞が破壊されやすいため効果が上がる分照射時の痛みが大きいのはしかたがないところ。

ただし、病院であれば別料金で麻酔クリームの塗布なども受けられますので、費用よりも期間や効果を優先したい方には医療レーザーを選択するのも良い方法だと言えます。

 

脱毛サロンのカウンセリングって勧誘あり?

脱毛サロンという言葉からは勧誘がしつこい印象がありますが、ミュゼプラチナムや脱毛ラボではしつこい勧誘をしないよう指導されているので不安なく訪れることができます。
満足度が低ければ全額返金のサービスが存在するほど納得の効果をあなたに与えられる脱毛サロンなので不安に感じる事はありません。

通常、無料カウンセリングでは氏名年齢や住所を記入等の申し込み手続きから行います。
その時にはムダ毛に関してのカンタンなアンケートにも回答します。
たとえば、今のムダ毛処理方法に関してや、脱毛をしたい希望部位、アレルギーの有無や、何か病気で通院しているかなど健康面での項目も多いです。
このようなアンケートを見ると、脱毛って誰にでもホイホイ施術するタイプのエステメニューではない事が理解できて来ます。

日焼けしている肌では施術できないですし、照射直後に日焼けするのもNGとか、妊娠中も不可なこと、その他細かな注意事項の確認もカウンセリングで説明されます。

脱毛には毛周期の関係で、1回の施術ではムダ毛は無くならないこと、痛みの感じ方は個人差があるので、まったく無痛とは違うと言った話もあります。

いきなり施術を受けてトラブルが起きたりしないために、あらかじめ聞いておかないとダメなんですね。

ここ数年であまりに脱毛料金が安くなってきたので、エステの脱毛を簡単に考えてしまっている女性が増えているために起きている弊害と感じます。

元来脱毛は高度な技術を必要とするエステメニューの一つなのです。

脱毛サロンの無料カウンセリングとは

カウンセリングといってもエステティシャンの人から服を脱いで脱毛希望部位を見せて下さいと言われたりはしません。
なので基本的に服装に関しては気を使わなくても問題ないです。

それでも体験談からお話しすればカウンセリング話の流れで、カウンセラーの女性がお客さんのムダ毛の状態をさりげなくチェックしてくれるようなケースは普通にあります。

寒いシーズンであれば長袖を着ている過ごしているはずですから、腕やヒザ下などは何日かムダ毛の処理せずに伸ばして生え具合を確認してもらうのも良いかもしれません。

当日の脱毛の施術を受けられないのが基本ですから、ムダ毛の処理はカミソリで剃っても構いませんが、毛抜きやワックスで抜いて処理していると、その毛穴の脱毛効果が出なくなってしまうので我慢しましょう。

年齢の確認が必要なこともあるので保険証や免許証など身分を証明できるものがあると困りません。
もしあなたが未成年者の場合は親の同意書が必要になるはずですから、予約した脱毛サロンの公式サイトで探しておくことを忘れないようにして下さい。

カウンセリングに入る時には「本日担当させていただきます○○です」と、ていねいなご挨拶つき。
こういう細かい接客態度の良さもサロンの高評価につながる部分です。
話し方も業務的にならず、素人相手に分かりやすく話してくれるサロンは安心できます。
逆にあまりに機械的な説明だけに終始しているようだと、そのお店全体ももしかしたらハズレという判断基準にもなります。
いわゆるエステの勧誘はこちら側の受け止め方の違いなので、一概にあった、なかったとは決め付けにくい種類の会話です。
担当のお姉さんはもちろん多くのパーツを脱毛できるコースを紹介して来ますが、そこまで受ける意思がないことを伝えれば、以後しつこく勧めてくることはありません。
せっかくサロンまで出かけていくのですから、実りのあるカウンセリングにするようにしましょう。

全身脱毛で月額制が人気の理由はどこにある

脱毛に初めて行く際には、まずは無料カウンセリングの申し込み予約することになります。
スマホはもちろんパソコン画面からの予約が可能で、簡単な操作で希望店舗を探したり、日時を選んだりしながらでも3分程度でOKでしょう。

全身脱毛なら定額制がお得なの?

脱毛ラボは特に全身脱毛に力を入れて販売しているチェーン展開している脱毛サロンです。比較してみると他の店よりも価格が安く、気軽に全身脱毛を行うことが可能です。また、月額制での支払いが可能なので、一度にお金を支払う必要はないのです。

ミュゼプラチナムやTBCではワキ脱毛が100円でずっと通えるという風なキャンペーンをたびたび行っていますが、その他のパーツは1箇所ごとに料金がかかるシステムです。

ですので全身分を一つ一つ追加すれば料金がかさんでしまうのは仕方がありません。

でも脱毛ラボであれば、全身がまとめて受けられる上、料金は一定なので無理なく支払うことが出来るのです。

逆に、脱毛ラボには他のサロンがあまりやっていないサービスもあります。

それが「都度払い」というシステムです。

脱毛ラボでは脱毛し放題の月額プランや回数限定のプランの以外に、都度払いができる単発脱毛プランというのが用意されているので助かります。

どこのエステサロンでも料金は数回分を前払いしたりするのが一般的です。

お稽古ごとのチケット制にも似ているかもしれません。

でもふつうに美容院にヘアカットに行ったりするのは、その場で当日の料金を払うだけですよね?

それが脱毛だとどうしてそういう風に支払えないのか?考え方によっては不思議な部分です。

仕事があるとコースで通うのはちょっとキビシイという女性にもぴったりのコースかもしれません。
他店で回数が決まったコースを申し込んだモノの、予約が取れずに通い切れなかったなどの方が乗り替えてきたりするそうです。

たしかに自分の好きな回数だけ通えるのは嬉しいと感じる人も多いはずです。

脱毛の月額制は大きな買い物をした時の分割払いのようなイメージでいると分かりやすいと思います。

 

家庭用脱毛器は本当に抜けますか?

脱毛について考えたとき、クリニックやサロンに通うことのほかに、家庭用脱毛器を購入するという選択肢もあげられます。
やはりある程度、商品価格の違いが性能に反映されている印象がありますが、ムダ毛が減る効果はかなり期待できる製品も多く販売されています。
家庭用脱毛器が採用しているメカニズムも、業務用と同様にレーザー式とフラッシュ式に分かれます。
エステサロンで受けるトリートメントと同じで、家庭用脱毛器も一度の照射で広い範囲を処理できるフラッシュタイプが人気です。
脱毛器を購入する時の注意点は、危険でないこと、使いやすいこと、買った後の支援体制がしっかりしていることの3つです。

 

どれほど脱毛効果があっても肌荒れや火傷といった副作用のある脱毛器は使用することが不可能なので、購入に際しては安全性に注意してください。

 

脱毛器が使いやすいかどうかも買う前に確認しましょう。

購入後のサポートや全額返金や故障に関しての保証が十分だと何かあった時にも安心です。

tolia_box

また、エステでは受けられないレーザーも自宅で容易にムダ毛を処理出来るレーザー脱毛器が販売されています。ご家庭用にレーザー量を制御しているので、安心して使用できるスグレモノです。

 

脱毛効果は医療機関には敵いませんが病院では事前予約が必要で自身の発毛サイクルにはマッチしなかったりするものです。ご自宅で出来るのであれば、自分の都合に合わせて脱毛処理が出来ます。

 

光を照射して脱毛を行う脱毛器の場合、カートリッジ方式だというのが一般的になります。カートリッジは使い終わったら交換しなければならず、どれだけ使うことができるのかは商品ごとに差異があります。維持費を抑制するためには、脱毛器の購入時にカートリッジの照射回数が多い商品を選択することが大事です。
こうした家庭用脱毛器で圧倒的な販売数を誇っているのがケノンです。
カートリッジのサイズを脱毛箇所に合わせて交換できたり、出力も細かな段階で調節することが可能です。
家庭用といえどパワーは侮れない分、多少痛みを感じることもあります。また、ハンドピースや、照射部分に熱を持ちますので保冷剤などで肌を冷やしながらのお手入れが推奨されています。

 

家庭用脱毛器ってちゃんと効くの?

家庭用のレーザー脱毛器ではトリア・レーザー脱毛器X4がとても普及している機種になります。
トリアは処理方法がレーザーであるため、照射面積が大きく取れないというハンデがありますが、フラッシュ式のようにカートリッジを追加購入しないでよい分、結果的には安上がりに脱毛する事が人気です。
いずれもサロンに通う際の施術に比べれば、すぐに生えてこなくなる実感は弱いものの、こまめなお手入れで家にいながらにしてツルツルになれるという便利さが評価されています。
家庭用脱毛器トリアを使えば、ケア前のジェルやケア後の保湿ケアも不要で、自宅に居ながら医療用レーザーに劣らないメカニズムで脱毛ができます。
エステの事前予約や通院の手間もかからず、裸を人に見られるのが恥ずかしいという人でも安心して使うことができます。
トリアX4では腕や脚はもちろん、うなじや背中、脇、Vライン、指、ヒゲなどのほぼ全身の部位を脱毛すること可能です。
ただし安全を期す意味で、顔への使用は鼻から下の部分から、Iライン、Oラインには使わないように、と注意が喚起されています。
また黒い色素に反応するので、ほくろや乳首、性器周辺への使用も控えなければなりません。

 
照射面積は肌や目に配慮して、レーザーを安全に使用するための設計に基づき、ごく小さい円形ですが、連続しての照射も可能なのであまり気になりません。むしろVゾーンや指など細かい部位の脱毛には最適と言えます。
他と比較してみても、多少の痛みはあるものの、その脱毛効果は抜きん出ています。知名度も高く、家庭用脱毛器の中で唯一30日間返金保証があります。これなら万一肌に合わなかった、効果がなかった、というようなときでも安心です。

 

今までは自分で剃るか抜くしかなかったような部位の毛も、トリアがあればキレイで素肌にも優しく処理ができるのです。

 

このような高性能の脱毛器は購入時に気になるのがその価格です。
あまりにも高額なのであれば、エステやクリニックに行った方が得である可能性があるので、注意しない人はいないはずです。

 

よく見かける脱毛器の値段は5万円~10万円くらいですが、安い商品だと1万円台で手に入れることも可能です。ただ、あまり非常識なほど安価だと脱毛効果が薄い傾向があるので避けた方が賢明です。
その他に脱毛器として認知されているもののソイエやノーノーヘアなどは除毛処理しているに過ぎませんので、このグループには入らないと考えるべきでしょう。

脱毛ラボで全身脱毛したいなら月額制?

今では様々なエステサロンで脱毛コースを受けられる時代になりました。
もちろん多くの女子は、全身脱毛を受けられるなら出来るだけ安い料金で脱毛エステや美容クリニックに行きたいと考えると思います。

ミュゼやTBCと言った脱毛でおなじみのサロンの他に、今は全身脱毛を専用に行うエステも増えて来ましたね。
昨今では脱毛機の技術も大いに進歩したので、痛みが少なく良心的な価格で安全性に配慮した脱毛も可能になっています。このため総合的に判断するとクリニックよりも脱毛エステを利用した方が満足いく結果になる場合は多いと感じます。

 

たしかに全身脱毛するための金額は、まだまだ高額の部類に入ります。
ただ、費用の安さだけに気を取られると後悔しかねないケースも。

脱毛ラボは特に全身脱毛に力を入れている脱毛サロンになります。

同様のコースで他の店と比較すると価格が安くて、気軽に全身脱毛を行うことができるのが魅力です。

また、脱毛ラボでは月額制をとっているので、全額を一括で支払わなければいけない他サロンと一線を画しています。

このあたりが、学生さんにも人気の理由になっています。

また脱毛ラボでは、痛みのない処理を行ってくれることでも有名なのです。それに、脱毛専用ジェルを塗布してのSSC脱毛という方法で処理が行われていて、痛みを感じさせない脱毛にこだわっているのです。

 

どうせ脱毛するなら初めから全身のつもりで

「本日担当させていただきます何々です」と、きちんと挨拶から始まるほどカウンセリングも丁寧な接客です。こうしたスタッフさんの接客態度の良さもサロンの評価として見逃すことは出来ません。
素人であるわたしたちにも分かりやすく、しかもその話し方も事務的にならずにしっかりと会話してくれるサロンならば好感度もアップ。
逆に決まりきった説明だけを淡々と伝えて終了するような人だと、そのサロン自体がおすすめできない会社かもしれません。

面倒がらずにていねいに答えてくれるようでないと脱毛プランやコースについての不安は解消できません。
エステにありがちな高額コースの勧誘も、お店側からは単なる「説明」であり「紹介」なのです。

それに対してこちら側がどう受け止めるのか、です。

はじめから全身脱毛をすると決めれば、トータルで短い機関で最後まで終わらせてしまえるので楽に通えます。

通いはじめてから、脱毛部位を追加していくと、いつになっても終了しません。
こんな理由からもカウンセリング担当者は可能な限り全身脱毛のコースを勧めるでしょう。でも自分にそこまで受ける意思がないことを「はっきり」言えば、強引に勧誘されたりしません。
わざわざ予約してお店に行くのですから、時間も機会も無駄にしないようにしたいところです。

ミュゼプラチナムにデメリットはないのか?

ミュゼプラチナムは今や日本一有名な最大手の美容脱毛サロンと言っても差し支えないでしょう。店舗の数も一番多く、そのうえ全国展開しているので多くの人が利用しています。店舗移動もできますので、ご自身の都合によって予約することが可能などなたにも通いやすいサロンです。
高いテクニックを有するスタッフが多数いるため、不安を感じずに脱毛できます。脱毛ラボのお店は全部駅のそばにありますので、お仕事終わりや用事のついでにふらっと寄ることができます。脱毛サロンという言葉からは勧誘が凄そうなイメージがあるかもしれませんが、脱毛ラボではひどい勧誘をしないようにしていますので気楽に通うことができます。満足できないのであれば全額返金する仕組みがあるほど、すばらしい効果が約束されている脱毛サロンです。
いまから20年以上前、永久脱毛といえる電気針を使用したニードル式の方法しか選択肢はありませんでした。
やがて皮膚科治療のためのレーザーの照射に脱毛効果があることが分かり、専用の脱毛器がアメリカで開発され、あっという間に普及していきました。
新技術をもつ高性能脱毛器は、効能および安全性のレベルはサロンと差もなく、費用や利便性ではシェーバーなどによる自己処理と同列という、まさに良いとこ取りのスグレモノです。

各パーツごとに脱毛する方を選ぶより、全身脱毛を選べば、契約は1度だけで全身の様々な部位への施術が可能なので、ワキは文句なしに綺麗なのに背中にムダ毛が…などという事態も起こりません。
強い痛みが伴い、1本1本処理するために膨大な時間をかけて行なわれていた絶縁針での脱毛方法は主流ではない時代に突入しています。
実は絶縁針での脱毛は医療行為に当たります。
このため厳密にいえば、レーザー脱毛同様、エステティックサロンでは行なうことはできない脱毛方法なのです。
さらにこの方法では熟練した技術を持つ技術者と長い処理時間を費やすため、施術を行なっているクリニックもかなり減っています。
針を使うという処理のため、刺す際の痛みを気にする人が多いようですが、実は最も痛みを感じるのは電気を通す時です。
ただ、絶縁針では通電時間は0.2秒~1秒と短いので痛みを感じるひまはほとんどないとも言われます。

しかしながら、ムダ毛の処理時間がかかってしまう事は避けられませんでした。

このような痛くて高い脱毛に異を唱えて、リーズナブルで誰でもが気軽に通えるようにサロンを作ったのがミュゼプラチナムです。

脱毛について決め付けないことも大事

脱毛したいのでどういう脱毛方法が良いのか分からず、いろいろな情報を集めたい、知識を増やしたい、そうした女性の気持ちはとてもよく理解できます。
ただ、その人それぞれの肌色、肌質、毛質、毛量、毛周期、体質、体調どれひとつとっても同じではない以上、結果も一様に生えなくなるわけではありません。
自分だけのことで考えても、黒くて太めな陰毛と、もともとうぶ毛のような指毛では生えなくなるまでのスピードに差があります。
脱毛方法だけでなく、コストや通う場合の利便性なども無視して考えることはできません。
もし今現在、まったく脱毛を体験されていないのでしたら、格安のキャンペーンを行なっている大手のエステサロンにお試しに行くことからはじめてみてください。
ミュゼプラチナムやエステティックTBCであれば全国展開なので、お住まいの地域のお近くに店舗があると思いますので、一度カウンセリングに行き、施術を受けましょう。
その経験を基準に、だんだんとご自分の永久脱毛対策を進めてみてください。

脱毛サロンごとの違いはどこにある?

脱毛器のメカニズムとしてはレーザーもフラッシュも仕組みはほぼ同じような物です。
ただエスティックサロンにおいては、医療資格を持っていないスタッフが施術できるように、フラッシュなどの光脱毛器までしか扱えず、レーザー治療はできません。

法律内でできる度合いによる低い照射出力しか上げることができないサロン向け脱毛器を採用しているために処置回数を重ねる必要が生じることになります。

もともとレーザー治療を行なうための機器は、その用途によって様々使い分けられていました。
シミを消すために用いられるものもあれば、ニキビ肌に効果の出るもの、肌の真皮層に作用させるものなどなど、クリニックで患者さんの症状を見極めて使用するのです。

脱毛用にレーザーが開発されだした当時はルビーレーザーが始まりだったようですが、どちらかといえば、白人向けで日本人の肌色には不向きな仕様でした。実際に火傷などの事故も起きていたと聞きます。
いまではダイオードレーザーや、アレキサンドライトを用いたタイプが主流ですが、応用しているフラッシュでも、少しずつ方式が異なるのです。

いずれもムダ毛の細胞に含まれるメラニン色素に反応しますが、火傷しないレベルでなおかつ毛根にダメージを与えなければ意味がありません。

実際には熱エネルギーが毛を通して皮膚に伝わるのですが、その刺激は「痛み」として認識されることとなります。
フラッシュよりも出力パワーの強いレーザーが、より痛みを強く感じるのはこのためです。
そして逆に、強い刺激を受けた毛母細胞ではダメージが大きいため、毛を作り出せなくなる状態になるのも確実性が高いというわけです。
エステサロンか美容クリニックかのどちらに決めるかで、多くのことが違ってくるということを頭に入れた上で、自分にちょうどいいお店やクリニックを比較検討して、永久脱毛を目指し、美肌の敵であるむだ毛を減らしていきましょう。

効果の高さで脱毛方法を比較

毛穴から二度とムダ毛が生えないというレベルを目指すのであれば、脱毛方法はニードル式であることは間違いないでしょう。
その次にクリニックでの医療レーザー、最後がエステサロンで受けることのできるフラッシュタイプの脱毛になります。
これは言い換えれば、毛根にある毛母細胞をどの方式が一番確実に破壊できるか?ということになります。
タンパク質の熱変性を利用しているのですから、効果が高い方式ほど発生する熱も高温です。
このため、脱毛効果が高ければ高いほど、痛みの感じやすいやり方であることも考慮しなければ後悔の原因になりかねません。
もちろん個人差があることも条件の一つですから、できれば、どれも試してみて自分にあった脱毛方法を選ぶのが良いでしょう。
アンダーヘア部はムダ毛自体が太く皮膚が薄いこともあり、脱毛時の刺激に対して弱く痛みを感じることが多いです。
医療脱毛の場合、刺激がきつすぎてだめだと思っている人もいるかもしれませんが、医療脱毛の方がエステ脱毛に比較してより綺麗に脱毛の効果を実感することができるのもたしかです。
そのうえ、何かしらの肌トラブルがあっても医師が在籍しているため安心できます。
実際脱毛するのであれば、いくつかのエステでサービスを掛け持ちすることもむしろアリと考えられます。

どちらかといえば掛け持ちをした方があなたにとってお得に脱毛できるケースも多いでしょう。
もちろん掛け持ち禁止の脱毛サロンなど存在しませんから、全く気にする必要はありません。ただし、同じ部位に対てあまり日を置かず続けざまに照射を受けても効果は期待できません。
逆に肌荒れしてしまう可能性も想定できるので、スケジュール調整しながら通うことが大切です。
脱毛サロンごとに異なる料金になっているため、その価格差を巧みに利用してみてください。
脱毛サロンという言葉を聞くと勧誘がしつこい印象がありますが、最近ではどこもしつこい勧誘をしないよう指導されていますので気楽に通うことができます。もしも納得いかなければ全額返金のサービスがあるほどのサロンも増えています。
慣れてきたらいくつかのエステ店でお試しして、設定料金の安さ、効果の出やすさなど比較してみると、さらに気軽に全身脱毛を行うことが可能です。料金の支払いは月額制が可能であったり、クレジットの分割払いを利用できるなど一度にお金を支払う必要もありません。
いくつかの脱毛方法を組み合わせることの中には家庭用脱毛器も選択肢の一つとして上げられます。
自分の家で脱毛をすれば、脱毛はいつでも行えるので、手間がかかりません。
いわゆる自己処理には、剃刀を使って自分でシェービングするのが定番ですが、お肌に対して負担の少ない方法としては処理が簡単なものとして脱毛剤という手段もあります。
その他にも数多くの商品も販売されていて、その脱毛法には毛を毛根から抜いたり、溶かしたりするものもあります。
ただし、こうしたタイプはいずれも「除毛」でしかなく「脱毛」とは呼べません。それでも脱毛中にムダ毛は処理しなくてはならないので、その技術の進化の恩恵を受けることもあるでしょう。
また現在は、ご自宅で簡単にムダ毛の脱毛が出来るフラッシュ式やレーザーでの本格家庭用脱毛器も人気です。
ご家庭用にレーザーの量を配慮しているので、いつでも思い立ったときに安心して利用できるのがその魅力。
さすがに脱毛効果は医療機関より劣りますが、クリニックに通うことが難しい、予約が取れにくい、など毛周期を尊重しきれないケースなどが多い場合にはこちらが便利になりますね。

エステサロンの脱毛イコール永久脱毛の勘違い

ムダ毛処理のやり方には、日を選ばずにお家で出来るという手軽さから自分で剃ったりしている人が多数派を占めています。脱毛を自分でする分には、自分の都合のよい時に脱毛できるので予約などの手間はかかりません。

自己処理として剃刀を使うのが一般的ですが、皮膚を痛めなくとも他にも処理が簡易にできる方法として脱毛剤も悪くありません。種類も豊富に販売されている脱 毛剤には、毛を溶かすものや、ムダ毛の生えるスピードを遅くするローションなども販売されています。皆さんがよくご存知のテープやワックスタイプで毛根から抜き取るものもありますね。

ムダ毛を自分で剃ったり抜いたりしても、すぐにまた伸びて来ます。結局のところ、男性のひげ剃りのように一生ムダ毛のお手入れと付き合うのかと思うとガッカリしますよね。
そこで女性の皆さん誰もが一度は考えるのが「永久脱毛」ではないでしょうか?
電車の中吊り広告やテレビCMはもちろん、インターネットでも様々なエステサロンが脱毛の宣伝を行っているのが目に留まります。

100円でわき毛がなくなるまで通えるなどと、ビックリするくらい安い料金なので、どこかのエステでお試ししてみようかなぁ…そういう気分になりますよね。

ワキの脱毛に光脱毛を利用する女性は多いでしょう。光脱毛とはいわゆるエステサロンで行われる美容脱毛で使われている方法になります。
毛抜きで抜くと皮膚ごと引っぱられたりしてブツブツの出来やすい部分である両ワキ。ムダ毛の毛根は光脱毛なら無理に抜く事なく減らすことができるため、皮膚の柔らかい箇所にはとても適しているのです。
こうした肌に対するダメージが少ないのも、フラッシュがワキ脱毛によく利用されている理由の一つです。

しかしながら、この脱毛方法は厳密的に言うと「永久脱毛」にはあたりません。
なぜならエステサロンに永久脱毛の施術を行ってはいけないと言う法律上の規則があるためです。

永久脱毛をすると実際にもう一生毛が生えたりしないのか?と疑問な人も多いと思われます。永久的な脱毛を受けたら二度と毛が生えないのかというと、絶対ではなく生えてくる時もあります。最も効果的なのはクリニックで受ける事が出来るニードル脱毛というものです。その他の脱毛方法では1−2回は普通に毛が生えてきてしまうと思ってください。

それでも現在はワキの脱毛で光脱毛を選択する女性も多いでしょう。ムダ毛の毛根を光脱毛で破壊することが可能ですので、ワキ脱毛にはとても適しています。レーザー脱毛より、脱毛効果が減少するものの、痛みが少なく安いというメリットがあります。肌にかかる負担が少ないのも、ワキ脱毛に最も利用されている理由です。クリニックのレーザー脱毛と比べると脱毛効果は劣るものの、少しの痛みで安いというメリットも大きいです。

 

医療レーザーやフラッシュ脱毛で、根本からムダ毛が生えてこないための施術を受けることと、その場しのぎのムダ毛の自己処理では、素肌の見た目に明らかな差が生じます。
男性のヒゲそりも同じですが、皮膚の上に出ている部分のみをシェービングしても、皮膚の内部に残っている根元部分が残って黒く見えたままです。これではツルツル白肌を手に入れたとは言いがたいです。
さらにはこのような日々のケアが表皮にとっては大きな負担を与えてしまうため、肌荒れや乾燥肌といったトラブルも引き起こしてしまいます。

一旦永久脱毛の処理をしておけば、肌荒れ心配を減らせるのも大きなメリットです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ